HOME ▶ サマンサ日記


いよいよ、皆既日食

2008年1月 4日、6分間で42億円のビジネスチャンス騒動、と言う記事を
1年7ヶ月前に書きました、いよいよ、その日が来ます。
http://www.i-apple.jp/samantha/2008/01/642.html
今世紀最長の皆既日食が7月22日に見ることができます。
地上で最適な観測ポイントがある、鹿児島県の十島村には、招かれざる侵入者が
続出しているそうです。620人が7ツの島に分かれて暮らす村では、皆既日食、
前後の1週間は、ツアー客以外の立ち入りを自粛して欲しいと言っていますが、
ツアー代金が34万2000円から、と高額で、ツアーに参加していない上陸者が
20人以上現れ、関係者を困らせているそうです。
村では、日食ツアー客の受け入れ業務を大手旅行代理店に委託しています。
代理店によると、7月16日現在、諏訪之瀬島や悪石島など、十島村の有人7島で
20人以上のツアー客以外の上陸者が確認されているそうです。
ツアー客以外の上陸者を法律的に規制したり、阻止したりする手段は無いそうですが、
ツアー代金の中には水道設備やトイレの増設や医師、看護師を増員などインフラ整備費も含まれているそうで、ツアー参加者との間に不公平が生じるとあって、各島では
旅行代理店や自治会が退去を求めて説得しているそうです。
すでに、島は水不足で時間断水が始まっているそうで、病人やけが人が出た場合、
島民が搬送などの世話をしなければならない、と島の状況を訴えています。
それにしても、皆既日食が始まる時間を、何年何月何時何分何秒から何分何秒で、
何処で見られると計算している人たちがいるのですが、
その人たちことも知りたいモノです。
ちょっとPRですが、ウチの図書館に天文図解と言う天文書があります。
元禄元年、1688年に井口常範と言う人が書いた本で、伊能忠敬も読んでいたそうです。
320年前に書かれた木版印刷による書籍で、簡単には読めないのですが迫力があります。
天文ファンだけでなく天文に興味がない人も、ツアーの参加者も十島村の人も、
ツアーを企画した旅行会社もまた、水やトイレや医師や看護師不足など
十島村の悩みはもう2、3日で終了します。
歴史に残りますので、頑張ってください。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、天文図解は
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%96%87%E5%9B%B3%E8%A7%A3
http://www.i-apple.jp/mt/mt-search.cgi?blog_id=86&tag=%E5%A4%A9%E6%96%87%E5%9B%B3%E8%A7%A3&limit=20
天文台や博物館でご覧頂けます。 


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg