HOME ▶ サマンサ日記


安全な場所が分かりません

7月も終わり近づきましたが梅雨のような雨の日が続いています。
山口県や福岡県では豪雨により、大勢の死者を伴う被害がでています。
集中豪雨、ゲリラ豪雨などと呼ばれている雨は、梅雨の延長の雨ではないようです。
また、先日は岡山県で突風被害があり、多くの家の屋根が破壊されました。
昨日は群馬県館林市でも突風被害があったそうです。
館林市の突風による被害を詳しく知ろうと、ネットで検索してみたら、
館林市では、平成18年6月28日20時15分から20時35分頃にかけて突風が発生し
被害がでた、と言う記録が見つかりました。
昨日の突風は、7月27日午後2時頃、同県館林市北部で竜巻とみられる強い風が吹き
21人がケガをして、200軒以上の家が屋根や壁が剥がれる被害がでたそうです。
前橋地方気象台からは、昨日27日、午前6時20分に、群馬県内全域に昼前から
夜遅くにかけて竜巻に対する注意を呼びかけていたそうですが、突風や竜巻の
注意予報を聞いたら、どのような対策を取ったら良いのかが分からないのです。
家の中にいても、家の外にいても、車の中にいても危険なのです。
集中豪雨の被害に遭わないためには、また、突風や竜巻の被害に遭わないためには
どこに逃げればよいのでしょうか。
ウチの村でも、5月、6月に連続して、雹の被害がありました。毎年、同じ地域が帯状に
被害がでているのですが、今年は200mほど南に被害地帯が移動しました。
昨日も気象庁から、昨日から今日にかけて、東海、関東甲信、東北地方で、
局地的に非常に激しい雨が降る見込みとのことでしたが、
今日は、幸いなことに穏やかな朝を迎えました。
昨日の、気象庁からの注意予報では、河川の急な増水、土砂災害のほか、
落雷、竜巻などの突風、また、雹などへの注意を呼びかけている、と聞いたのですが、
危ない場所が分かっても、安全な場所が分からないのです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、ここ数日間で、老人ホームが土石流に襲われ多数の死者が出ました、
道路では土砂崩れで、車が潰され死者がでました。
また、住宅地やスーパーの駐車場では、突風で車が舞い上がり、落下して横転して、
ケガ人がでました。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg