HOME ▶ サマンサ日記


土星の輪の厚みは9m

夜空に浮いている、土星の輪を見たことがありますか、
縞模様の輪で美しいだけでなく、神秘的な感じがします。
この美しい輪は、宝石とか、レアメタルとか、
もっと凄いものでできていると思ったのですが、
土星の輪は、塵と氷でできているそうです。
宇宙旅行の途中で、水を補給するときには土星の輪が使えます。
土星は地球と同じように自転している軸が少し傾いていて、
輪の表面に太陽光が当たり、その反射した光が地球で見えているそうです。
ですから、太陽光と土星の輪が水平だと太陽からの光の反射が無くなり見えなくなります。
私自身このような説明でよいのかどうか心配していますが、
ちょっと土星のことを勉強すると楽しくなります。
土星は、29年間に2回、地球の春分、秋分のように、
土星の自転軸が太陽光線に対して垂直になるそうです。
このとき土星の輪は太陽から見ると真横になり、
太陽光は輪の表面ではなく、縁の部分に太陽光が当たり、
本来ならば、一本の線に見えるのですが、土星の輪の直径は
約270000 kmあるそうですが、縁の厚さは約9mしか無いそうで、
縁の部分には太陽光が当たっても反射されないそうです。
このため、土星の輪が見えなくなるそうです。
昨日、2009年8月11日が、この春秋分点に当たったそうです。
だからなんだと言われても、なんでもないことですが、
長野市は昨夜、曇りでした。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、ちょっと調べてみました。
地球の直径は、12756.3kmで、月は3474.8km、太陽は1392000kmあるそうです。
土星の輪の直径は270000 kmですから、地球は小さいです。
それにしても、土星の輪の厚みは9mですから薄いです。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category