HOME ▶ サマンサ日記


身近なことでも知らないことがあります

長野市の山間地にある、知人宅を訪ねました。全戸数、7戸、小学生も中学生も
いない限界集落です。限界集落と言えば長野市の中心から遠く離れた場所という
イメージがありますが、ウチの集落から山を一つ越えた隣の集落です。
この集落に、夏休みに入ってから、たくさんの子供たちが訪れているそうです。
この集落には棚田や溜め池や小川がたくさんあり、水路や溜め池には、
ホタルやホタルの餌になるカワニナやメダカやニホンザリガニが住んでいて、
それらを捕りに来ているそうです。私には分からないのですが、
数種のトンボも生息していて、貴重なトンボも2種類いるそうです。
子供たちには、小さなニホンザリガニより大きなアメリカザリガニの方が、
人気があるそうで、東京都、千葉県、埼玉県からの小学生が多いそうです。
この集落のことが子供向けの科学雑誌の中で、溜め池や水路や路肩に生息している
動植物のことが紹介され、それを見た子供たちが保護者に頼んで来ているそうです。
棚田や溜め池には電話が無いため、近くのコンビニの電話番号で、
GPSをセットして来るそうですが、近くと言っても、このコンビニから
12㎞離れているそうで、時々、集落の場所の問い合わせがあるそうです。
コンビニでは魚を捕るための網と蓋付きのプラスチックのバケツを
用意してあるそうですが売れたことはないそうです。
また、この集落の近くには廃校になった小学校があり、校舎周辺にニホンタンポポも
繁殖しているそうです。明治になってから入ってきた外来種のセイヨウタンポポが、
日本中に広がっていて、今、ニホンタンポポも貴重な植物になっているそうです。
そのニホンタンポポが、この集落で生息しているそうですが、
私には、セイヨウタンポポもニホンタンポポも分かりません。
先日、北アルプスの乗鞍岳では、セイヨウタンポポを一掃する
駆除作業が行われたそうです。乗鞍スカイライン終点の乗鞍鶴ケ池駐車場、
標高2702m付近で駆除が行われたそうです。
当然、セイヨウタンポポは乗鞍岳には生息していなかったのですが、
人の衣服や靴、自動車やタイヤに種子が付着したりして入り込んだと考えられています。
それにしても、標高2700mまで、外来種のセイヨウタンポポが
繁殖していることに驚かされました。
知り合いが住んでいる集落の水路や溜め池には、メダカが繁殖していますが、
アメリカメダカと言われている北アメリカ原産のカダヤシと言う淡水魚も
繁殖しているそうですが、水温が低いところでは、生息できないとの話しもあり、
溜め池を上から覗いただけではメダカかカダヤシかは分かりません。
メダカは絶滅の危険がある種に指定されているそうですが、となりの集落の
溜め池の中に住んでいる淡水魚のことを子供向けの科学誌で知りました。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、ウチには、千曲川に住んでいるメダカがいます。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg