HOME ▶ サマンサ日記


何を驚いたら良いのでしょう

筑波大学の計算科学研究センターから、円周率を小数点以下
2兆5769億8037万桁まで計算し、世界記録としてギネスブックに申請したと
発表があったそうです。この計算には、筑波大学のスーパーコンピューター、
T2K筑波システムを用いて、約73時間36分かかったとニュースは伝えています。
従来の記録は、東京大学と日立製作所が2002年に達成した1兆2411億桁だったそうです。
T2Kは毎秒95兆回の計算ができ、計算能力は世界49位で、2002年の東京大学の場合は
毎秒約1兆回の速度で計算に約600時間かかったそうで、今回は東京大学などの記録の
2倍を目標に、二つの異なる方法で円周率の値を計算したそうです。
それぞれ約29時間5分と約44時間30分かかり、結果は小数点以下
2兆5769億8037万7524桁まで一致し、末尾の7524桁を切り捨て、
公式記録としたそうです。
我々猫の頭の中では、円周率は3.14で、文部科学省では最近まで、
3と言うことになっていました。
このニュースの場合、円周率を小数点以下2兆5769億8037万桁まで計算したことを
驚けばよいのですか、それとも、筑波大学のコンピューターが
東京大学のコンピューターを抜いたことを驚けばよいのですか。
またまた、円周率は小数点以下2兆5769億8037万桁まで計算しても
続いていることを驚けばよいのでしょうか。
それとも、最近のコンピーターの性能を驚くのが良いのでしょうか。
ウチのおじさんが44年前に研究していた、真空管式のコンピーターは、
1+1が計算できたときに、大ニュースになったそうです。
まあ、この記録も何時かは、何処かのコンピューターが追い越すと思いますが、
我々猫の日常生活には、円周率は3.14でも3でも支障がありません。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、本日8月18日、第45回衆議院議員の選挙が公示されました。
日本中のコンピューターを駆使して、すでに選挙結果をはじきだしているところが
あるそうです。こちらは、どちらのコンピューターが正確なのか、
結果は8月30日に分かります。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg