HOME ▶ サマンサ日記


猿は人間社会の変化を見ています 

我々猫は人間が大人か子供かを判断できます。
大人か子供かだけでなく優しい人か危険な人かも、判断できますので、
危険そうな人には近づかないようにしています。
特に、三才くらいまでの子供には近寄らないようにしています。
最近、野生猿がこれまでほとんど姿を見せることのなかった
農村集落に集団で現れて農産物を食い荒らし、危険の少ない屋根から屋根へ
伝って移動して、さらに被害地域が広がっているそうです。
野生猿の最初の対策は、どこでも、花火で追い払う方法を取りますが、
まもなく、警戒しなくなり効果が薄く頭を痛めています。
特に夏場は、猿の生息地の山間部では、餌が不足するため、
農産物を栽培している農村集落にまで行動範囲を広げているようです。
農村集落の被害は農産物の収穫時期に合わせて増大し、
トウモロコシ、カボチャ、ジャガイモ、枝豆などを
無料で食べに来る、猿の高級レストランになっているそうです。
猿が集団で現れると集落の住民らは危害を加えられないために、
家の中に入り、戸締まりをして過ごすそうで、
屋根やベランダや電線や電柱は猿の遊園地になっているそうです。
さらに今、農村集落では高齢化が進み、農業従事者らなどが
高齢化しているだけでなく、人口も減少していて、
人間社会の変化を猿が利用して生活しているようです。
また、人口減少や高齢化に伴い、猿が人を恐れなくなっていることも
被害を拡大している理由とのことです。
ウチでも、枝豆70本ほどの被害に遭いました。
猿ではないようですが、アライグマかハクビシンかタヌキのようです。
猿もアライグマもハクビシンもタヌキも犬が嫌いなようですが
我々、気の弱い猫は、恐くて野生動物には手も足もでませんので、
家の中に隠れて生活しています。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg