HOME ▶ サマンサ日記


ソーラーカーレースで見えるもの

太陽光のみを動力源として、オーストラリア連邦のダーウィンからアデレード間、
3021㎞を走り、時間を競う世界最大級のソーラーカーレースがあるそうです。
このレースに参加する東海大学のチームに、シャープが太陽電池を提供しているそうです。シャープが提供している太陽電池は、セル変換効率30%、出力1.8kWの
化合物太陽電池というものだそうです。この化合物太陽電池は、人工衛星に
使用されているもので、1967年に高い変換効率と信頼性を求められる
宇宙用太陽電池の開発に着手し、日本で唯一、宇宙航空研究開発機構の
認定メーカーに選ばれているそうです。出力が1.8kWということで、
約2.5馬力程度です。プリウスのガソリンエンジンは排気量が1500ccで
60~70馬力とのことですから、ソーラーカーのパワーは玩具のようなものです。
また、プリウスの電気モーターのパワーは、約40馬力ほどと聞いていますので、
ガソリンエンジンと電気モーターのパワーを合わせると100馬力を超えるようです。
一方、東海大学のレースに出場するソーラーカーは、太陽電池のパワーが、
約2.5馬力で3000㎞を走行するのですから、凄いことが分かります。
最高時速100㎞/hも可能とのことですが、当然、冷房も暖房もありませんし、
ドライバーの体重制限もありそうです。太陽電池の変換効率そのものは、
太陽光がタダのため、あまり考えませんでしたが、今後は、太陽電池の価格を
下げるためにも効率を上げる必要があります。セルの変換効率30%、
実はこの数値も、凄い値なのですが、まだまだ、性能を上げるための研究が進んでいます。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、太陽電池の変換効率が上がると、次は、モーターの軽量化、モーターの次は、
バッテリーの性能アップに軽量化です。また、次ぎに、車体の軽量化、などなど
次から、次へと、しばらく、技術者は休みが取れません。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category