HOME ▶ サマンサ日記


宇宙は神秘的で童話のようです

National Geographic Newsによると、60年前に、木星が通りすがりの彗星を
引力を使って捕獲し12年間、衛星として抱きかかえていて、その後、
手放したことが、9月14日の科学者チームの発表で明らかになりました。
科学者チームの発表によると、木星は1949年に、
串田・村松彗星(147P/Kushida-Muramatsu)を引力によって捕獲し、
1961年までの間、周囲を公転させていたそうです。
この彗星は1993年に初めて発見され、直径400mとのことですが、
発見されてから後の軌道を元に、発見される以前の軌道を算出した結果、
一時的に木星の衛星になっていたことが判明したそうです。
さらに、イギリス、アーマー天文台の研究チームらの発表では、
串田・村松彗星は木星の影響圏から離脱するまでに、
木星を1、2回、周回して離れたと説明しています。
串田・村松彗星は最終的には、木星の引力から離脱して、現在は、
火星と木星の間にある小惑星帯にあって、太陽の周りを公転しているそうです。
何か、木星も彗星も生きているようで、会話をしていたようでもあり、
不思議な気持ちになりますし、また、アニメのストーリーのようでもあります。
ところが、直径400mの彗星が地球に衝突したら、
場所によっては、地上の数%以上の生物が死滅するほどの事故になるそうです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、ニュースでは、串田・村松彗星(147P/Kushida-Muramatsu)と書かれていますから
日本人の串田さんと村松さんが発見した彗星と思います。
串田さんと村松さんは童話作家ではないと思います。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg