HOME ▶ サマンサ日記


赤い紅葉の天ぷら

数年前の春に、京都市左京区大原にある、三千院の入り口の、
お土産やさんの奧のレストランで天ぷら御膳を食べました。
山ぶどうの新芽に、緑の紅葉に、タラノ芽と、もう一点あったのですが思い出せません。
顆粒状の塩が小皿に入ってきて、それを付けて食べました。
昨年の夏に、このお土産やさんのレストランで、同じ天ぷら御膳を注文したら
大きな山ぶどうの葉っぱに、赤い紅葉とナスとピーマンの天ぷらがでてきました。
大きな山ぶどうの葉の天ぷらは、他でも食べたことがあったので、
驚きませんでしたが、夏に赤い紅葉が珍しくて見ていたら、
赤い紅葉を栽培している人がいるとのことでしたが、後で考えてみたら
赤い新芽がでてくる紅葉のようで、それならウチの庭にもありました。
ただ、ウチのは、黒い感じの赤で、透明感のある赤ではないのです。
秋山郷でも、9月頃から、黄色い山ぶどうの葉の天ぷらと赤い紅葉の
葉の天ぷらをだしてくれる旅館があります。
これらは、食べても美味しいというものではありませんが、
目に美味しい感じなのです。
ここでも、赤い紅葉を見ていたら、標高の高いところまで
板前さんが取りに行ってくるとのことでした。
それから、晩秋に見られる、あの透明感のある、赤い紅葉を
作ることができないか考えています。
トマトもパプリカも色が着かないと商品価値がありませんから、
一年中、透明感のある赤い紅葉を作ることができたら、新しい仕事になりそうです。
某大学の農学部の先生に聞いてみたところ、紅葉の赤い色は、
もともと紅葉の葉っぱの中にあるそうで、緑色を消せば赤くなるそうです。
その緑を消すメカニズムが私には、未だに分からないままなのです。
9月半ばになって、今年も柿は柿色になってきました。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、某レストランでは、ニンジンを紅葉の葉の形に切って、天ぷらにしています。
お多福飴のように、切っては天ぷらにしています。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg