HOME ▶ サマンサ日記


これから、悪魔の糞 が話題になります

9月9日のHealthDay Newsによると、新型インフルエンザのウイルスを
死滅させる有効な成分が含まれている植物があるそうです。
その植物は、セリ科のアギ(中国語名:阿魏、英語名:assafoetidaアサフェティダ、
学名:Ferula assa‐foetida)という植物で、イラン、アフガニスタン、中国大陸に
生育し、樹液に強い悪臭があることから 悪魔の糞、と呼ばれているそうです。
臭いは、ニンニクのような不快な臭いがするそうで、
主な成分は硫黄とのことで、臭ければ臭いほど品質が良いのだそうです。
台湾の研究グループらによると、1918年、世界で数千万人が死亡したとされる、
スペイン風邪が大流行した時に、中国では、抗ウイルス薬として、
この植物が用いられたそうです。しかし、アメリカ化学学会によれば、
これまでアギの抗ウイルス特性を裏付ける研究は実施されていなかったそうです。
今回の報告は、アメリカ化学会発行の、Journal of Natural Productsの
オンライン版に8月19日掲載されたそうで、印刷版は9月25日号に掲載されたそうです。
報告を行った台湾、高雄医科大学の研究グループらは、
実験室での研究により、この植物の抽出物に含まれる化学物質を特定し、
その物質には、すでにインフルエンザに使用されている処方薬よりも
強力なインフルエンザに対する抗ウイルス作用があるようだといっています。
また、研究者らは、この物質が新しい薬剤を開発する上で、
重要な成分となる可能性があると述べています。
クスリにする植物や体によいとされる植物には、他にも臭い植物があります。
ウチのおじさんも時々臭気をだしますが、嫌がられるだけで何の効果もありません。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、悪魔の糞は、中近東やインドで栽培されているそうです。
茎から採れる樹脂状の物質は香辛料として用いられているそうで、
複数の揮発性硫黄化合物を含み、ニンニクやドリアンに似た強烈な臭いがあるが、
油で加熱すると強烈な臭いは消えて、タマネギのような風味なり、
ウスターソースの原料しても使われているそうです。
今後、悪魔の糞を研究したり、栽培したりする人が増えると思われます。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg