HOME ▶ サマンサ日記


一升瓶のリサイクルは100年の歴史があるそうです

一升瓶はリサイクルの優等生です。一升瓶は、そのまま洗って再使用したり、
砕いたものは、ガラスの原料として、リサイクルしています。
何処のお宅でも、たくさんの一升瓶があると思います。
ビール瓶は99%、一升瓶は88%が回収され、再使用されているそうで、
再利用システムは、すでに100年余りの歴史があるそうです。
割れたりしたものは砕いて、カレットにして、ガラス瓶の原料としていますが、
カレットはたくさん使えば使うほど、けい砂、ソーダ灰、石灰石などの
天然資源の節約になります。また、カレットを使うと原料を溶解する時間が短縮でき、
熱エネルギーを節約することができます。カレットの利用率を高めると、
燃料が節約できるそうです。資料が古いのですが、平成10年の、
ガラス瓶の生産における、カレットの利用率は73.9%ということです。
その外、カレットはガラス瓶以外の用途にも使われています。
道路舗装や建築材料としての利用も進められています。
破砕機で細かく砕いた瓶をベースにして、アスファルトに混入することで、
砂利や砕石の節約になり、夜間時には対向車のライトに反射して光るため、
事故防止にも役立つそうです。また、カレットを粘土と混ぜて舗装ブロックや、
住宅に使用する断熱材や人工大理石などへの利用が増えているそうです。
ところが、再利用できるのは、ここまでで、道路舗装や建築材料にしてしまうと、
そこから、再利用するには、場所が限られてしまいます。
一升瓶は、一升瓶のままで使うことが一番良い利用方法です。
瓶は何度利用できるか分かりませんが、海外では、すり傷がたくさん付いて、
瓶、全体が白くなっているものが流通しています。また、ペットボトルも、
すり傷がたくさん付いた物に商品を入れて店で売られています。
ウチでも、ペットボトル入りの飲み物を買うと、洗って水を入れる容器に使っています。
しかし、周囲が白くなるまで、使うには何年もかかります。
白くなっても家族だけで使う場合は、抵抗は少ないのですが、
ミネラルウォーターを白くなったペットボトルで売られていると、
美味しさが半減してしまいます。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category