HOME ▶ サマンサ日記


まだ、110年です

明治20年、西暦1887年11月21日、東京電燈会社が
東京都中央区日本橋茅場町1丁目に、現在のビジネスホテル、
トレストイン日本橋前に発電所を建設して、
1887年11月29日から付近の日本郵船会社、今村銀行、東京郵便局などの
お客様に電気の供給を開始したそうです。
これが、日本最初の電線による電灯供給になったそうです。
電灯供給というのも、当初は電気が電灯にしか
使われていなかったからなのでしょう。
その時、使用された発電設備は、直立汽缶と30馬力の横置汽機を据付け、
25kwエジソン式直流発電機1台を運転したもので、
配電方式は電圧210V直流三線式だったそうです。
これは、東京都中央区日本橋茅場町1丁目ビジネスホテル、
トレストイン日本橋前に建っている石碑に書かれています。
この直立汽缶と横置汽機が良く分からないのですが、
直立汽缶とは、水蒸気を出す機器つまり、ボイラーのことのようで、
汽機とは、水蒸気で動かす動力のようです。
考えてみると、蒸気機関車の車輪の代わりに25kwの発電機を付けたもののようで、
どうしても、蒸気機関車の効率が6%と聞いたことがありますので、
25kwの発電装置の割には大きなものを想像してしまいます。
それに、直流210Vの三線式ということは、
負荷にするものは、210Vの電灯だけだったのでしょう。
発電機もモーターと同じ構造のものと思われますので、
発電機やモーターは、その後、日本でも製造されるようになったと考えられます。
1887年、電燈供給発祥の地の石碑によると、
日本初の電気の供給は火力発電を用いて行われたようです。
その後、大正、昭和にかけて、日本中に電灯が点いたようです。
また、ウチの村に水力発電所が造られたのは昭和20年後半です。
子供の頃、近所のおばあちゃんが、家に電灯が点いたときには、
明るさのあまり、家族全員で目を被ったと言っていました。
電気が供給されてから、まだ、110年なのです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category