HOME ▶ サマンサ日記


裏山の軍事工場

ウチの裏山に小さな城跡があります。
吾妻鑑や平家物語にでてくる武将が活躍した時代から
あったようですから、800年以上も前からあるようです。
武田、上杉が戦った川中島合戦の頃には、村の城として村人が、
閉じ籠もる場所であったとも言われています。
今は、石垣もなく、馬場の跡や空堀の跡や小さな祠があるだけです。
その祠も竹に被われて、山の中で探すのには、
苦労するようになってきました。
現在、この城跡の周辺には、竹が3、4種類繁殖しています。
言い伝えでは、合戦になった時に、これらの竹を使って、
竹槍や弓や矢を作ったり、竹の束を作り、鉄砲の玉除けに使ったとか、
また、くま笹の葉を使って、おにぎりを作ったとか、ちまきを作ったとか、
飴を包んだと言われています。
まあ、季節に応じて、ほうの木の葉を使ったときは、
ほう葉巻になったと思いますが、これらは、
今風に言うと、戦争の後方支援をしていたようです。
戦国時代には、合戦のどちらかの後方支援をすることで、
村人は生き残ってきたのかも知れません。
合戦には、携帯食として糒を持ってきたようです。
糒はご飯を干したもので、夏には水につけて、また、冬にはお湯につけて、
ふやかして食べていたようですが、おにぎりやちまきがあるときは、
保存ができる糒は食べなかったと思います。
永禄4年、川中島合戦の4回目の戦いでは、ウチの村の城は上杉軍に
包囲されていたようですから、村人全員で、
上杉軍のおにぎりを作っていたと考えると、またまた、
知らない別の合戦が見えてきます。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、これから紅葉が進み、竹が青々と見えるようになり、
城跡を知らせてくれます。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category