HOME ▶ サマンサ日記


生態系はこのようなものです

日本国内で繁殖している、ブルーギルは天皇陛下が皇太子時代1960年に、
シカゴの市長から贈られた15匹の子孫であることが、
三重大学生物資源学部の河村功一准教授らによるミトコンドリアDNAの分析で
判明したそうです。2年前に大津市の琵琶湖畔で開かれた、
第27回全国豊かな海づくり大会、で、陛下ご自身がアメリカから持ち帰ったことに
言及され話題になりましたが、科学的にもその事実が裏付けられた事になります。
ブルーギルは体長10㎝~20㎝の北アメリカ原産の淡水魚で、主に肉食で、繁殖力が強く、
生態系を脅かすブルーギル駆除のために遺伝子の特徴を調べるよう水産庁から
依頼を受け、全都道府県の56地点で計1398匹、原産地のアメリカの13地点で
計319匹を採取し、ミトコンドリアDNAを解析したそうです。
その結果、1960年に陛下に贈られたブルーギルの捕獲地、
アイオワ州グッテンベルグの1地点で採取したものと一致したそうです。
ブルーギルは食料増産を図る目的で、水産庁淡水区水産研究所が繁殖させ、
滋賀県と大阪府の試験場に数千匹が分けられたほか、本州や四国、
九州の湖に放流したそうですが、食用としては定着せず、繁殖しながら分布域を
広げていったものと考えられ、現在の生息数は、数億匹に上ると見られているそうです。
問題は、ブルーギルが淡水魚で、主に肉食で、繁殖力が強いということが原因のようで、
在来種のフナやワカサギなどの漁獲量が激減しているそうです。
今は忘れられてしまった、食料難を解決するために養殖した経緯があり、
15匹からの繁殖には成功したようですが、後始末までは考えなかったようです。
実はこのようなことが、他の動物にも、植物にもたくさん起きています。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、ブルーギルを減らすには、本来の目的のように食べると良いと思うのです。
食べた感想や記事を探して見たいと思います。
それに、人間には美味しくなくても、我々猫には美味しいかも知れませんし、
ナンプラーの原料にすることもできます。
Wikipediaと読売新聞を参考にしました。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg