HOME ▶ サマンサ日記


うがいは昔からあったようです

インフルエンザの予防法として、手や喉についたウイルスを
体内に侵入させないためには、手洗いとうがいが有効とのことです。
図書館や公民館などではアルコールスプレーが
出入り口に置いてありますが、使用している人は見かけません。
公的機関を利用する人、全員がアルコールスプレーで手を殺菌すれば、どの程度
効果があるかどうかは分からないのですが、僅かでも効果があるのであれば、
もっと皆さんにお願いする必要がありそうです。
また、手だけの殺菌でよいかどうかも分からないのですが、相手は
目に見えない細菌ですから過剰になるくらい注意が必要のようです。
時代劇にでてくる手術の場面では、口にお酒を含んで傷口に吹きかけるシーンが
使われることがあり、アルコール消毒は昔から使われていたようです。
また、風邪防止のために、塩水でうがいをする方法が使われていたそうです。
この塩水でのうがいと類似した方法が江戸時代の貝原益軒の養生訓で
紹介されていて、民間療法として知られていました。
この貝原益軒の養生訓は、ウチの図書館にも江戸時代の古い本があります。
まあ、江戸時代、行われた塩水のうがいやお酒を吹きかけることが、
どの程度、効果があったかどうかの証明したものはありませんが、
今なら効果を医学的、科学的に調べることができます。
Wikipediaによると、うがいという言葉の語源は鵜飼であり、
鵜に魚を飲み込ませ、その後、吐き出させる様子が似ていることから、
うがいと呼ばれるようになったそうです。
1444年、文安元年には、すでにあったようで、
うがいは、古くは平安時代から行われてきたそうです。
このほど、赤穂化成という会社が、2009年9月に、
塩うがい水、むかしながらのしおうがい、を発売するとともに、
塩うがいの有効性についての研究成果を発表しました。
この商品は塩として料理にも使える食品ということで、
子供からお年寄りまで一日に何回も使える、安全性を強調しています。
インフルエンザを利用しての商売もあります。
はたして、こちらの商品、むかしながらのしおうがい、は
皆さんに感染しますかどうか。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg