HOME ▶ サマンサ日記


これから、本は何処へ向かうのか

小学生はたくさんの本を読んでいるようです。
図書館を利用している小学生が平成19年度に借りた本の冊数は、
一人当たり平均35.9冊で、16年度の前回調査を2.9冊上回り、
過去最多となったことが、文部科学省の調査で分かったそうです。
また、図書館の数も3165館で186館増えて初めて3000館を突破したそうです。
施設数が増え、足を運びやすくなったことが一因とのことですが、
図書館がさらに増えると、子供が借りる本が増えそうです。
この調査によると、19年度の児童への貸し出し冊数は、
約1億3420万冊で、図書館から本を借りた児童数は
延べ約2043万人だったそうです。
さらに、大人も含めた利用者全体では、貸出人数が延べ
約1億7136万人、貸し出し冊数は約6億3187万冊で、
ともに過去最多になり、利用者1人当たりでは18.6冊だったそうです。
本を借りて、買わない理由は、本の価格が高い、
読んだ本を置く場所がない、なのですが、大学生は平均して580冊を持っているそうです。
まあ、半分はマンガという大学生も多いようです。
そういえば最近、教科書にもマンガによる説明が増えていますし、大学や専門学校でも、
マンガやアニメを教えたり研究したりする学部が増えているそうです。
これから、本は何処へ向かうのでしょうか。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg