HOME ▶ サマンサ日記


きのこ農家で薬が栽培できる

産経新聞によると、5℃以下の低温で培養したエノキタケの菌糸に、
肝機能を保護する働きがあることを、関西大学化学生命工学部の
准教授らの研究チームがマウスを使った実験で発見したそうです。
メタボを改善する食材や新薬の開発に繋がる成果とのことです。
研究チームは天然素材を使っているため副作用の心配がなく、将来、
肝機能保護作用を持つ機能性エノキタケの製造が可能になると考えているそうです。
研究では、メタボのマウスを3群に分け、1群、高脂肪食、2群、普通に培養した
エノキタケの菌糸を4%混ぜた高脂肪食、3群、低温培養したエノキタケの菌糸を
4%混ぜた高脂肪食を、それぞれ投与して経過を観察した結果、
投与開始後8週間を過ぎたころから、3群のマウスは体重が減少し、
血液中のコレステロール量も減り、肝機能の指標となるALTの値も改善されたそうです。
また、2群のマウスはいずれの項目でも改善はみられなかったそうです。
研究成果について、関西大学では特許を出願したそうで、当面は効果が明らかになった
菌糸を大量生産してメタボの犬や猫などのペットフード開発を目指すそうです。
研究チームは低温のまま、キノコの状態にまで育てたエノキタケを使って、
同様の効果があるか検証するそうです。
研究者らはマウス実験をもとに試算すると、体重60㎏の人で1日30gの
低温栽培エノキタケを食べれば効果があると予想しているそうです。
これら類似の研究は、30年ほど前にも中野市の病院で行っていましたが、
その頃は、エノキダケが癌に効くとか、癌の予防効果があるというものでしたが、
結果的に、エノキダケを毎日、数㎏食べないと効果が無いというものでした。
また、その研究は、エノキダケ栽培者を対象に行われましたが、
エノキダケの栽培者は、エノキダケをほとんど食べないことが分かり、
その研究結果が正確さに欠けるということで、その後、研究は続けられなかったようです。
ただ、今回の研究のように、エノキダケではなく、菌糸を食べれば良い
と言うことで、ペットフードにも応用でき、また、
菌糸を培養することは普通のきのこ農家でも栽培が可能です。
この研究は医学や医療だけでなく、今後のきのこ栽培農家にも影響しますので、
研究成果を期待しています。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg