HOME ▶ サマンサ日記


気象庁が逃げた

気象庁から、さくら開花予想を止める、と発表がありました。
実は、私、気象庁のさくら開花予想のファンでした。
どのようなファンかと申しますと、悪いファンでした。
気象庁発表の開花予想日と民間気象情報会社の発表する
開花予想日の違いを楽しんでいるファンだったのですが、来春から、
気象庁からの、さくら開花予想は止める、と発表があったのです。
民間気象情報会社などが、多彩なサービスを
提供していることから、必要性がなくなったと
判断したといっていますが、開花予想が当たらないことが恥ずかしくて、
止めるのだ、と思うのは私だけではないと思います。
少しでも悔しいと思う気持ちがあったら、
来年の開花予想を的中させてから止めてもよいと思うのです。
民間気象情報会社の開花予想は、情報を提供する研究員、ファン、仲間などが
日本中にたくさんいて、携帯電話のカメラで桜の蕾を撮影して、
民間気象情報会社に送り、開花日を予想するシステムがあるそうで、
気象庁と予想日を競っているそうです。
これらのスポンサーの大手は、ビールメーカーとのことですが、
レンタカーや旅行会社や航空会社や傘のメーカーなどもスポンサーとのことです。
もちろん、桜の名所もスポンサーになっていると思いますが、
気象庁では当初のニーズはなくなった、としていますが、
各気象台のさくらの標準木が5~6輪咲くと、開花としていた観測については、
生物に及ぼす気候変動の影響を調べる目的から、今後も継続するそうです。
まあ、気象庁は逃げるのではないようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、桜の名所のたこ焼き屋さんも、いか焼き屋さんも、
さくら開花予想を見ていると思うのです。
それに、ミツバチだって気象庁のさくら開花予想を見ています。
また、猫も暖かくなって、さくらが咲く日を待っているのです。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg