HOME ▶ サマンサ日記


後で、謝罪して頂いても

毎日新聞によると、さいたま市消防局は、出動した救急隊が
意識を失っていた男性、51歳を誤って死亡と判断して、
病院に運ばずに、引き揚げていたことが分かったそうです。
この男性は搬送された埼玉県警大宮西署の検視室で目を開け、
生きていることが分かったそうです。
その後、別の救急隊が病院に運び、右脳出血で3週間の安静が
必要とのことですが、命に別条はないということです。
失礼ながら、怪談や落語の世界では
耳にする話しですが笑い話では済まされません。
さいたま市消防局によると、2月10日、午前9時40分ごろ、
さいたま市西区の屋外ゲートボール場で、男性が冷たくなっている、と
付近の住民から110番があり、男性は布団に、くるまった状態で、
さいたま市桜消防署大久保出張所の救急隊長、52歳と救急救命士の隊員、
41歳は、あごや両腕の硬直など外観から、死亡と判断し声を掛けながら
肩をたたいたり、口元に耳を近づけて呼吸の有無を確かめるなど、
初歩的な確認を怠ったそうです。
救急隊員歴は隊長が20年、隊員は12年のベテランとのことで、
男性は、警察に運ばれるまでのことは覚えていない、と話しているそうです。
さいたま市消防局長は緊張感の欠如以外の何ものでもない、内規に照らし
厳正に処分すると謝罪しているそうです。
このような場合、警察に搬送された人が命を取り留めたからよいのですが、
もしも、病院に運ばなかったことが原因で、亡くなった場合は、
どのような罪を誰が受けることになるのでしょうか。
間違えましたでは済まされない問題のように思います。
また、消防署の隊員だけの判断でよいのかどうかは知りませんが、
脳死判定のように、複数の医師が立ち会うことは必要ないのでしょうか。
それにしても目を開けてよかったですねえ。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg