HOME ▶ サマンサ日記


恐竜の絶滅は小惑星の衝突が原因

これまで、恐竜が絶滅した原因は、複数の地球外天体衝突説や火山噴火説などが
ありましたが、国際研究チームは小惑星の衝突が原因と結論付けたそうです。
約6550万年前に地球環境を一変させ恐竜を絶滅に追いやった原因は
メキシコ付近に小惑星が衝突したことが原因とする論文を、日本など
12ヶ国の国際研究チームがアメリカ科学誌、サイエンスに発表したそうです。
国際研究チームは、地質学、古生物学、地球物理学、惑星科学などの
専門家41人が結集し、メキシコ・ユカタン半島の巨大クレーター、
チチュルブ・クレーター直径約180㎞が形成された時期を世界各地の地層の
最新データを改めて解析した結果、チチュルブ・クレーター形成時期と
恐竜絶滅の時期が一致し、さらに、他の天体が衝突した痕跡はなく、
また、6550万年前に火山活動は活発ではなかったことが判明したそうです。
これにより、チチュルブ・クレーター形成による環境変化は、
恐竜絶滅の可能性が十分あると結論付けたそうです。
また、衝突した天体は直径10~15㎞の小惑星で、衝突の速度は秒速約20㎞で、
衝突時のエネルギーは、広島型原爆の約10億倍で、衝突地点付近の地震の規模は
マグニチュード11以上で、さらに、津波は高さ約300mと推定されるそうです。
衝突による放出物は世界約350ヶ所で確認され、放出物は大量の塵となり、
太陽光が遮断され、地球上では零下5~30℃となり、そのままの気温が
約10年続き、海のプランクトンや植物が死滅し、食物連鎖の
上位にいた恐竜などが絶滅したと考えられるそうです。
今、生きている動植物は、この零下の環境を生き抜いてきたそうです。
一方、カナダ北西部の山岳地帯で、約7億年前に地球全体が凍結する、
スノーボールアースとなった可能性を示す地層が見つかったそうです。
原生代の約22億年前以降、スノーボールアースは数回起きたと考えられ、
調査結果は気候変動の解明に役立つと期待されているそうです。
地球全体が凍結しても、所々に生物が生き残り、その厳しい環境が逆に
動物の進化を促した可能性があるということです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、猫の先祖は、寒さに弱かったと思いますので、猫の歴史は新しいと思います。
それに、コタツが発明されたのも最近だと思います。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category