HOME ▶ サマンサ日記


春いぶき

調べもしないで、温暖化ですからと言いながら話題提供をしています。
ウチのフキは、二種類あって、それぞれ日当たりの良い場所と日影に植えてあります。
環境の違うところに植えておくことで、日当たりの良い場所のフキノトウは
早くから食べることができ、日影に植えられているものは、
遅くまで食べられるようにとの先祖の知恵です。
また、収穫時期の違う二品種を、それぞれの違う環境に植えておくことで、
さらに、食べる時期やいろいろな料理に使えるように考えてのことのようです。
ところが今年は、例年より早くフキノトウが大きくなって、
日当たりの良い場所も悪い場所も、あまり時間の差が無く開花しました。
フキノトウも、ちゃんと花が咲きます。
綿帽子のようになる、あれが、種のようですが、種子を見たことはありません。
群馬県の中山間地域では、フキの栽培が盛んで、この頃の山菜ブームにより、
フキノトウやフキの需要が伸びているそうです。
農家や関係団体などから品質の良い、フキノトウがたくさん取れる
品種を作って欲しいとの要望に応え、群馬県農業技術センターで、
品種改良が行われ、一株当たりのフキノトウの発生個数が多く、
在来の品種より4~5倍多く発生する新品種を開発したそうです。
フキノトウは集中して発生し、地上部に露出しているため、収穫がしやすく、
さらに、フキノトウの形状や色が良く、市場出荷に適していて、
葉柄も在来のものに比べて、空洞が小さく、肉質がちみつで香りが良いなど、
良いところばかりのフキ、春いぶき、が完成したそうです。
桐生市黒保根町の農産物直売所、道の駅くろほね・やまびこ、に
地場農産物を出荷している生産者19戸が栽培を開始し、
今年になって、ようやく出荷することができたそうです。
農業情報がたくさんある中で、フキの品種改良は初めてで期待しています。
さらに、タラノメとかコゴミ、ワラビやゼンマイの品種改良もお待ちしております。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg