HOME ▶ サマンサ日記


超低周波音は聞こえない音波です

音には、心地よい音とそうでない音がありますが、
どちらでもない音、気にならない音もあります。
同じ音でも聞こえる環境によって、
心地よい音になることもありますし、
また、嫌な音になることもあるようです。
嫌な音の他に、疲れる音もあるようですが、
音の仕分けが有るのか無いのかも分かりません。
科学的に音は、周波数や音色や大きさで表していますが、
心地よい音とそうでない音の比較には、
単位も物差しも測定器もないようです。
通常の場合、ジェット機やバスや鉄道やヂーゼルエンジンの車の音は
嫌な音で、騒音だと思うのですが、意外に熟睡できる音でもあります。 
今、高層ビルやその周辺では微風が吹いていると人間には
聞こえない超低周波音が起きているそうです。
超低周波音は、音声や音楽は、この超低周波音に
妨げられることはないそうです。
人間が会話に使っている音や楽器の音は20hz~20kHzを使用しています。
超低周波音はさらに低い周波数で、さわやかなものもある反面、
悪い超低周波音は精神障害などを起こす可能性を指摘されています。
環境省からの報告では、3ヶ所の風力発電の風車を調べたところ、
健康に影響をもたらす超低周波音を出していることが確認されたそうです。
超低周波音は、人間の耳で聞こえる20~20khzの内、100hz以下の音が
他の周波数より突出していると、不快感を引き起こすそうです。
この調査は、豊橋市、田原市、愛媛県伊方町の風車と、その周辺で
被害を訴える計4世帯を対象に実施し、25~31.5hzの
超低周波音がいずれの風車でも飛び抜けていたそうで、
豊橋市では50~63hz、伊方町では2hz超低周波音も強かったそうです。
わずかな超低周波音でも不調を訴える人がいるそうです。
超低周波音が人体に影響を及ぼす仕組みは、分かっていないそうですが、
今後の研究をお願いします。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category