HOME ▶ サマンサ日記


ミシシッピアカミミガメの子供はミドリガメ

ミシシッピアカミミガメの子供はミドリガメ、カミツキガメ、
クサガメ、ニホンイシガメを連続で3回言うとカミます。
外来種のノラガメが東京都内の公園の池で駆除されているそうです。
ノラガメの話題は、茨城県や千葉県では以前からありましたが、
今度は、東京都内でノラガメが増えているそうです。
ノラガメを図鑑で探しても掲載されていませんので、野良ガメにしておきます。
在来種のカメは、野生のカメでも野良ガメとは言わない様で、
飼われていた在来種のカメが捨てられても、野良ガメではないようです。
湖や河川に捨てられた、外来魚は野良魚とは言わないようですし、
野良猫や野良犬は、飼い主がいない猫や犬を言うようですが、亀や魚は
野良亀とか野良魚とは言わないようです。まあ、ここで、言葉を追求しても
生物学的には、なんの意味がないようですから止めておきます。
捨てられている野良ガメの多くは、通称、ミドリガメで、
外来種のミシシッピアカミミガメの子ガメをペットとして購入したもののようです。
そう、あの縁日の夜店で売られていた、あの500円玉ほどのカメです。
東京都内では、ミシシッピアカミミガメのほか、人間にかみつく恐れもある
カミツキガメなどが捨てられていて、外来種は在来種のクサガメ、
ニホンイシガメなどの数倍が生息しているそうです。
茨城県や千葉県では繁殖も確認されているそうで、
ミシシッピアカミミガメの寿命は30年以上とのことで、成長が早く、
20㎝~30㎝の黒ずんだ体に成長した姿は、縁日の夜店で見た
ミドリガメとは思えないほどの大きさに驚かされます。
環境省はカミツキガメなど97種を国内の生物多様性に悪影響を
及ぼすとして、外来生物法で特定外来生物に指定し、
輸入や飼育、遺棄などを禁止しています。
違反すると、懲役3年以下もしくは300万円以下の罰金とのことですが、
交番に特定外来生物の指名手配写真が貼られてはいません。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg