HOME ▶ サマンサ日記


先生、病気ですか

読売新聞によると、東京医科大学八王子医療センターで、
生体肝移植手術を受ける前の患者に寄付金を依頼し、
2年余りの間に、11人から総額1173万6000円を
受け取っていたことが分かったそうです。
私、サマンサには、東京医科大学八王子医療センターが
どのようなところか知らないのですが、手術前の患者に寄付金を依頼し、
外部の病院から手術の応援に招いた医師への謝礼や、
保険適用外の薬などの購入に使っていたそうです。
生体肝移植手術は保険適用とのことで、保険診療と保険外診療の
併用を禁じた混合診療の疑いもあるとのことです。
生体肝移植手術を受ける患者に寄付金を依頼する行為は、
素人が考えても異常なことに見えるのですが、
もしかして、先生は病気ですか。
寄付金は、移植を担当する東京医科大学八王子医療センターの
教授や准教授らが手術前に移植医療の振興が目的と説明し、
寄付金を依頼していたそうですが、多くの患者の家族は、
断ると移植手術をしてもらえなくなると思い、寄付したそうです。
寄付金の一部は、手術の指導役として招いた、
京都大学病院の医師らへの謝礼に充てられたそうです。
考えてみると、寄付金は先生の勉強に招いた先生の謝礼とのことで、患者は先生の
勉強のための教材で、その教材が、先生の依頼に応じて寄付金を支払ったことになります。
さらに、東京医科大学八王子医療センターでは2000年~2007年に実施した
生体肝移植手術は、52例で20人が在院中に死亡し、2009年12月には、
医師の技術力に問題があった、などとする報告書を発表しています。
当然ですが、現在、手術は中止されているそうです。
まあ、素人には分からない話ですが、
東京医科大学八王子医療センターとは、恐いところのようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、以前、ウチの近くの総合病院でも、
医師への謝礼や贈り物は、ご遠慮下さい、と書かれた張り紙がありました。
その張り紙には、札束の絵と外国製のウイスキーの絵が書いてあり
×が書かれていました。
あれは、医師への謝礼や贈り物が必要です、と書いてあったのでしょうか、
それとも、書いてある通りの意味だったのでしょうか。
あまり考えると、病気になりそうです。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg