HOME ▶ サマンサ日記


親戚に見えてきました

教科書で、お目にかかった時には、変な顔などと思っていましたが、
やはり、ヒトと親戚だったようです。
ヒトに最も近い種で絶滅した、ネアンデルタール人の全遺伝情報を
ドイツやアメリカなどの研究チームが比較した結果、
過去に、一部が混血し、ヒトにもネアンデルタール人に由来する遺伝子が
残っている可能性があることが分かったそうです。
教科書によると、ネアンデルタール人はヒトと共通の祖先から
50万年前以降に分かれた、ヒトに最も近い種で、約40万~3万年前に、
ヨーロッパから西アジア一帯に分布したとされています。
1856年にドイツのネアンデル谷の洞窟で初めて骨格の化石が
発見されたことから、ネアンデルタール人と呼ばれているそうです。
今までの分析技術では、ヒトの細胞内のミトコンドリアDNAなどから、
ヒトの祖先はアフリカで15万~20万年前に誕生した後、
絶滅し他種とは混血しないまま、ユーラシア大陸を経て
全世界に広まったという、アフリカ単一起源説が主流だったそうです。
ネアンデルタール人については、ヒトと共存する時期があったことや、
両者の交流を示す石器が発見されていることから、
混血の可能性も指摘されていたそうです。
共通する石器は生活を一緒にしていた証拠になるそうです。
それにしても、DNAは偉い。
改めて、ネアンデルタール人の復元された顔を見てみると、
頭の悪いウチのおじさんにも似ていますし、
口うるさい隣のおばさんにも似ていますし、ゴリラにも似ています。
共通しいてるところは、口の部分が尖っていて、額が狭く、脳みそは、
それほど発達していなかったようです。
まあ、脳みその評価は、額の狭い猫にできる問題ではないようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、ネアンデルタール人様、変な顔などといって失礼致しました。
やはり、ご先祖様だったんですねえ。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category