HOME ▶ サマンサ日記


富山の花ちゃんのこと

名前を忘れてしまいましたが、梅ちゃんか花ちゃんだったと思いますが
年に一度、富山から薬の入れ替えに来る、女性の薬屋さんがいました。
長野市には、富山から複数の薬屋さんが来ていたようですが、
薬屋さんの名前より、薬を入れ替えに来る人の名前を皆さんが知っていました。
置き薬は何時から始まったか知りませんが、
今年、花ちゃんが来たかどうかを大人も子供も知っていました。
子供たちには、花ちゃんが置いていく紙風船を待っていたものです。
落語の一節に、富山の薬売りの薬には、睡眠薬はないそうだねえ、
当たり前ですよ、置き薬(起き薬)ですから、というのがあり、
それを聞く度に、子どもの頃に会った、花ちゃんや
花ちゃんにもらった紙風船を思い出していました。
置き薬は用いることを優先して、
利益は後から、というのが富山売薬業の基本理念とのことです。
その富山の置き薬の会社が中国資本の会社に買収されたとのことです。
もともと、薬の材料の多くは中国から輸入しているそうで、
日本の薬の会社を買収することで、中国からの材料を使って
日本にも、アジアにも、アフリカにも、中国にも売れるようになるそうです。
富山売薬業の基本理念は今後、継続されるのかどうかが問題のようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category