HOME ▶ サマンサ日記


アフリカを食い荒らす中国

アフリカを食い荒らす中国、というタイトルの本が本屋さんにあります。
最近まで、韓国や中国などアジアへ工場を移したり、建てたりして、
生き伸びてきた日本にとっては見たくないタイトルです。
中国はアフリカの資源開発の見返りとして、多くのプロジェクトへの協力を
実行しているようですが、日本にはできなかった、労働力も中国から送り込んでいます。
中国からの労働者は、アフリカの労働者と同じ賃金で、何百人単位で海を渡って
職に就いているそうです。 
携帯電話の売り込みや設備工事、衛星テレビの受信設備工事を進めているそうです。
特に、レアメタルの採掘は、中国国内に大量の鉱脈を抱えているにもかかわらず、
先を見込んで、アフリカでも鉱脈を探して採掘しているようです。
それも、アフリカの労働者を使うのではなく、中国から労働者を大量に送り込んで
仕事に就かせているそうです。
以前から、南アフリカには30万人の華僑社会があったそうですが、最近になって、
新に50万人の中国人がアフリカに労働者として送り込まれ、全く産業が無かった
アフリカで仕事に就いているそうです。
現在、華僑や最近送り込まれた中国人労働者の合計が80万人に及んでいるそうです。
アフリカは、白人社会から華僑社会に代わっていくのでしょうか。
今、中国人たちはアフリカの環境を破壊しつつあるそうで、コンゴの国立公園内で
樹齢100年以上の熱帯雨林が手当たり次第、伐採されているそうですが、
これは、数十年前には日本人が、ボルネオの熱帯樹林を裸にしてきたという
歴史があり、日本人には耳の痛い話しです。
日本人がアジアへ経済進出した理由は、アジアに豊かさを見せただけで、
結果的には安い労働力を求めただけだったのでしょうか。
その日本から得た知識で、アジアの国々はアフリカに進出しているようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg