HOME ▶ サマンサ日記


最も省エネな移動方法です

宇宙航空研究開発機構から、金星方面に向かって航行中の宇宙ヨット、
イカロスが太陽光の力によって加速したことが確認された、と発表がありました。
イカロスは2010年5月21日に金星探査機、あかつきとともに打ち上げられた
宇宙ヨットで、セイルを広げて精密に軌道修正した後、太陽光の力を受けて
加速したそうです。
イカロスについては、先日も話題にしましたが、より正確なデータが
発表されましたので追加しておきます。
イカロスは約14m四方の帆で光を受け止め、地球上では、0.114gの重さと同等の
推進力が得られる設計とのことです。
それにしても、1円玉が1gですから、0.114gの重さを想像してみて下さい。
宇宙航空研究開発機構では、光の力で惑星間を航行する始めての実証機になった、と
いっています。
宇宙航空研究開発機構 様、質問があります。
先ず、太陽と反対の方向に向かう場合は、太陽光の力を受けて走行が可能なことは
分かりますが、他の惑星などから、地球に戻るためには、何処からの光を
利用すればよいのでしょうか。
ヨットのように、風が来る方向にも、向かうことはできるのでしょうか。
また、光の速度、秒速30万㎞を越えて航行する方法はあるのでしょうか。
またまた、針路をわずかに変更する場合、小さな光、例えば
懐中電灯のようなものを点灯することで可能でしょうか。
省エネのイカロスだからこそ、わずかな力で制御できそうですが、
光で航行できるのですから、同じ電磁波の電波を受けても
航行したり、針路変更することができそうですが、如何でしょうか。
まだまだ、お尋ねしたいことがあります。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg