HOME ▶ サマンサ日記


デジタルカメラにはネガがありません

ネガというものがあると同じ写真が何枚も作れることを知っていますか、
最近の写真はデジタルカメラで撮りますから、ネガはありませんが
ICメモリーなどに記憶しておいて再生できます。
アメリカの著名写真家、アンセル・アダムズさんのガラス板ネガ65枚が
発見されたそうです。なんと、2億ドル、約175億円の価値があるそうで、
ガレージセールで、これらを買った美術の先生が一夜にして億万長者になったそうです。
美術の先生で、ガラス版ネガの収集家でもある、リック・ノーシジアンさんは
10年前に、カリフォルニア州フレズノのガレージセールで、45ドル、約4000円で
購入したガラス板ネガ65枚が、専門家らによって自然風景写真の巨匠アダムズさんの
作品で、少なくとも2億ドルの価値があると鑑定されたと語ったそうです。
写真には、サインなどがなく判定が非常に難しいため、写真の専門家だけでなく、
筆跡鑑定、気象学の専門家などに依頼して総合的に鑑定したそうです。
その結果、ネガが入っていた封筒に残された文字の筆跡が、アダムズさんの
妻のものと一致し、ネガの内の1枚が、アダムズさんの有名な写真と同じ日、
同じ時刻に撮影されていることが判明したそうで、アダムズさんの本物の
ネガである可能性が極めて高いと判断されたそうです。
アダムズさんは自然風景の撮影を得意とした著名写真家で、ヨセミテ渓谷の写真などで
知られているそうですが、1939年に暗室の火事で多くのネガを失ったそうです。
アダムズさんは、1984年に死去したそうです。
著名写真家の場合は、たくさんの資料があり、判定できるのですが、
著名ではない写真家の場合は、自分の写真であることを、ネガやデジタル記憶媒体に、
サインする必要があります。また、我々猫は写真など映像を撮られても、
肖像権を主張できません。肖像権や著作権を使って、飼い主にお金が入ってきても、
あの鰹節が入っているという、猫元気というカリカリの餌で、ゴマすられてしまいます。
これを、猫ばばというらしいのです。まあ、猫がお金を頂いても使い道はありませんので、
お金をもらって喜んでいる飼い主の笑顔を見て、昼寝をするだけです。
これを、人間の世界では、猫に小判というらしいのです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category