HOME ▶ サマンサ日記


ミイラの使い方とミイラの作り方

ウチの図書館に、李時珍(1518年~1593年)という人が書いた
本草綱目という本があります。この本は1578年に完成した本ですが、
日本には、初版から数年後に輸入されたそうです。
この本草綱目は日本に輸入されてから和刻本が、多数出版され、
それらは3系統14種類に及んでいるそうです。
ウチの図書館には、数種類の本草綱目があり、現在、中国から出版されている
ものまで含めると、10種類を超える本草綱目を蔵書しています。
本草綱目には、木乃伊(ミイラ)や人肉に付いても書かれていて、
ミイラは下腹部の血行不良に効果があるとされ、骨折や結核、
吐血、虫歯、淋病などに用いられた、万能薬のようです。
また、人肉はやはり、結核に効能があるとされ、中国では宋の時代以降、
両親や舅、姑の病気には、自身やその妻が内股の肉を切り取って
薬膳とするのが最大の孝行とされたそうです。この親孝行は痛そうですから、
自分の体を切り取る前に病院に相談した方がよいと思います。
一方、東京都の男性最高齢、111歳とされていた、足立区千住の無職の方が
自宅で、白骨遺体で発見された事件で、本人が30数年前に、即身成仏になる、といい、
自室に閉じこもり、その際、絶対にドアを開けるな、と告げていたそうです。
この方、遺体の下に電気毛布が敷かれていたことが分かったそうです。
また、この方の口座に振り込まれた、妻の遺族年金、計約950万円の内、
約610万円が引き出されていたそうで、これは新しいミイラの使い方のようです。
しかし、新聞各紙によると、年金受給者が亡くなっても、年金をもらい続けるために
遺体をそのままにしておく例が、いやここでは、霊が増えているそうで、
足立区千住の場合は、新しいミイラの使い方ではないそうです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、ウチの図書館にある、340年ほど前の本草綱目はコピーが可能です。
ミイラの使い方を研究されている方やミイラになりたい方は、
お問い合わせ、から、ご連絡下さい。
そう、ミイラになりたい方は、30年ほど故障しない電気毛布をお買い求め頂き、さらに、換気扇も必要になると思いますので、やはり、30年ほど故障しないものをお選び下さい。
ところで、その時に、換気扇や電気毛布に使われる、
電気料金は年金でお支払いしてもいいでしょうか。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg