HOME ▶ サマンサ日記


隣人に恵まれた高齢者は長生きするそうです

ここだけの話、というのは世の中では、みんなが知りたい話しとして
伝えられるようですが、ここだけの話しをしたいと思います。
ウチの隣人は、隣人に恵まれていないので、長生きしないと思います。
時事通信のニュースによると、家族や友人、隣人に恵まれた高齢者は、
孤独な高齢者に比べ長生きする確率が高いことを、
アメリカブリガムヤング大学の研究チームがアメリカオンライン科学誌
プロス・メディシンに発表したそうです。
高齢者の一人暮らしは、アルコール依存症やタバコを1日15本以上吸うのと
同じぐらい健康によくないそうです。
隣人が早死にするのは、隣の人の影響もあるそうですが、何となく分かります。
高齢者の消息が30年もの間、確認できない事件が相次いで起きているそうでが、
隣人の消息を確認する義務は、隣の人にはないようです。
最近は都市部だけでなく、田舎でも隣人という言葉の意味が変わってきたように感じます。
昔は、隣が何を食べて、どんな生活をしているかを、知りたくなくても分かりました。
食材の貸し借りやおすそ分けなども頻繁にありましたが、近くにスーパーやコンビニが
できて、隣から借りる必要もなくなりました。
貸し借りをするといえば、カマやクワなどの農機具なども
貸し借りをしたのですが、農家が豊かになり、農機具の貸し借りがなくなり、
むしろ、農機具の性能や購入価格を競う農家が増えています。
生活が豊かになって、隣人と付き合う必要がなくなり、
隣人の生活を知ることもなくなり、アパートやマンションでは隣の部屋に
住んでいる人が誰なのかも知らない場合が多くなっていますし、
隣の部屋の住民が生きているか、死んでいるかを確認することもなくなったようです。
亡くなった方の法事は、33回忌で終わりだと聞いたことがあります。
亡くなって33年経過すると、亡くなった方を覚えている方が減るからだと
お坊さんがいっていました。我々は亡くなってから33年経ったら、
関わった人たちが少なくなり、少しずつ忘れられていくのがよいようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、間もなくお盆です。先祖の顔を思い出せるのは、
父と母、おじいちゃんとおばあちゃんに、曾祖父さんに、曾祖母さんです。
それも、曾祖父さんと曾祖母さんは、仏壇に遺影があるからです。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg