HOME ▶ サマンサ日記


ミジンコには耐久卵があります

実験用のバケツの水田に、ミジンコが住んでいます。バケツの水田は冬の間には、
氷が張ったり、雪も積もります。また、近くの神社にある、石の手洗い用の水槽にも
ミジンコが住んでいます。小鳥が水を飲むときに、ミジンコの卵がバケツの水田や
手洗い用の水槽に落ちて繁殖しているものと思っていましたが、実際には分かりません。
バケツの水槽には、10年ほど前から土が入っていて、水が減ると水道水を足していますが
肥料を与えたことはありません。この水槽には、種類の違うミジンコとボウフラと
青いカエルが2、3匹住んでいます。また、神社の手洗い用の水槽は、
水がなくなると、やはり水道水を入れているそうですが、きれいな水ではありません。
ミジンコはエビやカニなどと同じ甲殻類で、体は透明な殻で覆われていて、心臓が
動いている様子が透けて見ることができます。1㎜とか2㎜の体の中に、眼や心臓や
腸や子どもを生んで育てる機能が見えます。無駄がない構造を人間と比較してしまいます。
ミジンコの本を読んで見たら、田植えが終わって、水が張られた水田は、ミジンコには、
最良の環境とのことです。ミジンコは最良の環境では、メスだけで卵を産む、
単為生殖で増えるそうです。単為生殖で生まれた卵を単性卵と呼び、卵を産んだ後、
背中にある育房の中に入れて育てるそうです。一人前に育つと育房から出てきます。
育った子供は、ほとんどがメスで、メスがまた、メスを産み、数が増えていきます。
また、稲刈りのシーズンになり、水田の水が抜かれ土が乾燥すると、ミジンコにとって
最悪の環境になり、悪条件になると、オスのミジンコが現れてオスとメスで、
有性生殖を行い、耐久卵という特別な卵を生むそうです。耐久卵は、
育房の中で育てられることはなく、卵のまま、土の中に産み落とされます。
耐久卵は、丈夫なシェルターの中に入っていて、乾燥した土の中でも生き続けます。
その後、ミジンコにとって環境が良くなる、翌年の田植えが終わった頃に、
耐久卵から、孵化して出て来るそうで、また、メスだけで増えていきます。
また、耐久卵は一度に、孵化しないようにプログラムされていて、
再び悪条件になっても、生き延びることができるようになっているそうです。
これによって、ミジンコが全滅することはないそうです。
環境の良いときには、どんどん子どもを増やして、環境が悪くなると、
環境が良くなるまで耐えられる卵を生んで、生き延びるミジンコの生態は、
猫や人間にはない優れたシステムのようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、以前、生まれたばかりのミジンコが子供を生んだのを見たことがあります。
母親のお腹の中にいるときに、妊娠していたと思っていたのですが、
育房から出てきて子供を産んだようです。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg