HOME ▶ サマンサ日記


農林水産省の発表では問題が伝わらない

農林水産省が発表した、2010年の農林業速報値によると、日本の農業就業人口は、
前回、2005年の調査より75万人減少して、260万人になったそうです。
5年間の減少率は22.4%で、現在の調査方法になった、1985年以降で減少率が最大となり、
過去1年以上、作付けがなく、今後も数年は耕作する見通しのない耕作放棄地が
前回より1万ha増えて、初めて40万haに達したそうです。
また、農業就業人口は1990年には、482万人でしたが、この20年間で約半数になりました。
農林水産省の発表では、高齢で農業が続けられなくなった人が増加し、
新しく就農する人の数を上回っていることが主な原因としています。
農林水産省の発表は間違ってはいませんが、正しく伝えていません。
農村地帯に住んでいるとよく分かるのですが、農業就業者が減っている本当の理由は、
農産物を栽培しても利益が少ないか、利益が無いことが原因なのです。
さらに、今、農業就業人口の平均年齢は65.8歳と5年間で2.6歳上昇して、
65歳を超えました。今、引退する農家が農地を他の農家や農業法人に貸す動きが
でています。これは、経営規模が5ha未満の農業者が減少して、5ha以上の
大規模農業者が増えていることでも分かります。しかし、農業法人など
大規模農業者も利益を上げているものは僅かな数なのです。
日本の農地は狭く、大型耕作機械を導入できる農地は、さらに僅かな面積です。
大規模農業は大規模農地と大型耕作機械を用いることで利益が生まれるのです。
一方、海外の農業は、直径600m、800mの円形農場や500m×400m程度の農場が
数多く見られます。円形農場にする理由は、大型耕作機械を用いて耕作作業を
無人化でき、灌水作業や病害駆除作業も無人化できることが理由です。
海外では、農作業の多くを無人化できる農場で、小麦や大豆やトウモロコシなどが
栽培されています。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、今、アメリカ、アフリカ、オーストラリア、中国などの大規模農場では、
水不足が深刻になっているようです。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg