HOME ▶ サマンサ日記


スズムシ保護条例が制定されました

長野県北安曇郡松川村では、スズムシを村のシンボルとして、
スズムシの里をPRしています。このほど、スズムシの保護を通じて
自然環境や田園風景を保全することを目的とした、
安曇野松川村スズムシ保護条例を制定しました。
松川村全域で、スズムシの捕獲を禁止するそうですが、罰則は設けないそうです。
松川村では条例制定、そのものもPRに役立てる考えで、県内には、
スズムシ保護条例は他にはないのではないかと言っています。
調べたところ、長野県上伊那郡辰野町には、ホタル保護条例というのがありました。
まあ、スズムシの里を売り込むだけでなく、スズムシ保護条例そのものも
売り物にする村の宣伝方法には、頭が下がります。
スズムシ保護条例は、全6条で、繁殖などの保護目的で村長が認める場合を除き、
捕獲を禁じる。また、村の責務として、土地改良事業などを行う場合、
スズムシの生息環境に配慮した工法の採用に努める、と規定しています。
条例制定は、村に観光振興策を助言している、松本大学が4月に、提案したそうです。
村には、スズムシが登場する昔話もあり、村民に親しまれているそうですが、
昭和30年代から水田の改良や農薬散布などで数は減少しているそうで、
保護のため、20年ほど前から低農薬の米作りを試みたり、
スズムシを繁殖して、全国に発送する取り組みを行っています。さらに、スズムシを
模したキャラクターを作ったり、公共施設に、スズムシにちなんだ名前を
付けたりしているそうです。村長は、スズムシを守ることは村の財産である、
安曇野の景観を残すことでもある、といっているそうです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、ネコ保護条例を考えている市町村がございましたら、御一報ください。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg