HOME ▶ サマンサ日記


測位衛星で日本の進路を測る

文部科学省では、H2Aロケットの打ち上げ能力を大幅に向上させる方針を固め、
高性能、低価格化を二枚看板にして、先進国に対抗して売り込みを開始するようです。
宇宙航空研究開発機構と三菱重工業は、準天頂衛星、みちびきを搭載した、
H2Aロケット18号機を、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターから打ち上げました。
みちびきは約30分後、予定通り分離され、打ち上げに成功しました。
H2Aの打ち上げは、2005年2月の7号機以来、12機連続で打ち上げに成功しました。
このため、文部科学省はH2Aに自信を持ち、次の目標に向かって進んで行くようです。
みちびきは縦横約3m、長さ約6mの直方体で、重さ約4t、アメリカのGPSの不充分な
部分の精度を向上させることを目的とする測位衛星で、日本列島の真上を通る軌道で
周回するため、ビルの谷間や山間部など、今までのGPSの電波が届かない時間帯が
大幅に減り、測位誤差も現在の約10mから約30㎝まで縮小できるそうです。
問題は、1基が日本列島の真上に留まっている時間は約8時間で、日本列島の
上空に常に衛星が留まっている状態にするためには、最低3基が必要となるそうです。
今後、みちびきのような測位衛星が各国からの注文を得られると日本の経済にも良い
影響があります。また、測位衛星に続いて、衛星放送、衛星通信、宇宙旅行、
宇宙の資源開発など、次から次にと売り込みも可能のようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、猛禽類が空から地上の獲物を狙うように、
日本も上空から世界を狙う仕事が開けるようです。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg