HOME ▶ サマンサ日記


水と海水の淡水化技術と装置

日本で農業を本業としている人が、260万人に激減したことは先日、
話題にしましたが、漁業を本業とする人も30万人に激減したそうです。
農業と漁業をしている人を合わせると、290万人ということです。
日本の食料自給率は40%で、魚の自給率は60%とのことですが、
1億2700万人の食料の約40%を290万人の人が栽培したり、
捕獲していることになります。これは、日本の人口の2.2%の人が、
日本の約40%の食料を賄っていることになります。
残りの60%の食料は、海外から輸入しています。このため、
日本への食料輸出国が不作になったり、輸出国でトラブルが発生したり、
日本との間で政治的なトラブルが起きると、
食料が輸入されない場合が考えられます。
一方、世界では、毎年、琵琶湖10杯分の水が干上がっているそうです。
特に中国やインドなどで水の消失が目立ち、今後、地球的規模で食料生産や
水確保に深刻な影響が出ることが懸念されているそうです。
日本では、水が豊富ですし、海水の淡水化の技術や装置もあります。
水と海水の淡水化技術や装置が、今後、日本から、世界に向けて輸出できそうです。
日本で必要な食料の60%を海外からの輸入するための費用を、
水や水を作る技術や装置で補うことができるかも知れません。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg