HOME ▶ サマンサ日記


もう少し待って

日常、必要最小限の移動を電気自動車で走行することを想定して、発電専用エンジンと
発電機、動力用バッテリー、駆動用モーターを内蔵して、家庭用電源で
動力用バッテリーに充電して走行できる車の開発が進んでいるそうです。
フル充電した場合の走行可能距離は約20kmで、短距離使用が中心のユーザーであれば
ガソリンを使わずに、料金の安い深夜電力の充電だけで走行できる車を
想定しているそうです。開発しているのはスズキ自動車で、自社の軽自動車や
コンパクトカーのユーザーを調査した結果、1日の走行距離が20km以下のユーザーが
60%以上を占めていることが分かったそうです。この調査結果を基に、高価でスペースを
占有しているバッテリーの容量を2.66kWhと最小限にして、低コストでスペースを
優先した車を開発しているそうです。エンジンは発電専用で、発電機からの電気や
バッテリーに蓄えられた電気で、モーターを駆動して走る車で、658ccの
軽自動車用エンジンを発電専用に用い、最大出力は40kWで発電機の発電量も
同じく40kWとのことで、駆動用モーターの最高出力は55kWとのことです。また、
バッテリーは100Vで約3時間、200Vでは2時間ほどでフル充電できるそうです。
電気自動車はバッテリーの電気が無くなると動けなくなることが欠点でしたが、
電池の残量が少なくなるとエンジンを起動して、発電しながら走行できる構造の車です。
バッテリー充電ステーションが普及するまでのエコカーとして、個人ユーザーでも
使いやすい現実的な車とのことです。それにしても、車を電気で走らせるためには、
40kWの発電機が必要とのことですが、家庭用の太陽光発電装置などは、1軒当たり、
3kWとか4kWですから、軽自動車でも10軒から13軒ほどの
電気を使っていることになります。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category