HOME ▶ サマンサ日記


ゴミは従来の焼却処分が良いようです

新しい燃料には、新しい燃焼装置が必要ですが、ゴミの再利用技術として注目された、
ゴミ固形化燃料を作るために全国の自治体が運営する50あまりの施設のうち、
半数以上の26施設が、代金を支出して、ゴミ固形化燃料を工場などに
引き取ってもらっていることが会計検査院の調査で分かったそうです。
ゴミ固形化燃料は燃料としての品質が極めて悪く売却できないことが原因とのことです。ゴミ固形化燃料の生成にかかる費用も一般的なゴミ焼却の2倍から3倍以上必要で
多くの自治体では、ゴミ固形化燃料を作れば、作るほど負担が増えているそうで、
稼働を休止した施設も複数あるそうです。ゴミ固形化燃料化施設は、
可燃ゴミを破砕し、圧縮して、発電所や製鉄所などの燃料に、加工する施設で、
1997年ころからダイオキシンの規制が強化されたことで、規制に対応した
大型ゴミ焼却炉が設置できない小規模の自治体が、国が用意した補助制度を使って
建設を進めていたそうです。検査院の調査によると、国庫補助を受けた、
ゴミ固形化燃料化施設は2006年度までに88市町村が参加して、50の施設が完成し、
建設費は計約2000億円かかったそうです。ウチでも、一定の材料を用いた、
特定固形化燃料を研究、開発して販売していますが、ゴミ固形化燃料も特定固形化燃料も、
燃焼した後に大量の灰が残ります。この灰は、連続して燃焼させるための障害になり、
灯油やガソリンやアルコールなど液体燃料と比較すると最大の欠点です。灯油など
液体燃料は、金属やゴムや樹脂などのパイプを用いて自動輸送が可能ですが、
固形化燃料は、大がかりな自動輸送装置が必要で、さらに、
連続して燃焼させるためには、灰の自動排出装置も必要になります。
また、燃焼により生成される灰は、ゴミ固形化燃料の場合には、
一定の成分の灰にはなりませんので、再利用は極めて難しい問題になっています。
この点、特定固形化燃料は灰の成分が一定で、人工ゴムやコンクリートなどの
増量剤や融雪剤や肥料や肥料の増量剤などに使用されています。
国や自治体から依頼されて、ゴミ固形化燃料の研究をしていた研究機関や
大学もあるのですが、多くのゴミは焼却する従来の方法が、費用が安く、
環境にも良いと結論をだしているようです。ゴミは、まとめて焼却することで、
収集や輸送にかかる費用や燃えにくいゴミを燃焼させるための補助燃料費用も
軽減されるそうです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category