HOME ▶ サマンサ日記


根岸英一さんと植物が先生です

ノーベル化学賞を受賞した根岸英一、アメリカパデュー大学特別教授らが、
文部科学省を訪れ、光エネルギーを使って、二酸化炭素から有用な物質を作る、
人工光合成プロジェクトについて説明したそうです。
言い方が難しいのですが、ここまでは農業そのもののようです。根岸さんが
特別招聘教授を務める北海道大学触媒化学研究センターを中心に、全国の主要大学や
国の研究所など、40~50機関が参加して、パラジウムなどの遷移金属触媒
(せんいきんぞくしょくばい)が低エネルギーで化学反応を促進する性質を利用して、
植物の光合成を超える、やさしい物質生産を目指すそうです。
水と炭酸ガスと太陽光でデンプンを生産する植物が先生なのですが、
これからは、植物の生産能力を高める方法も研究することになるのでしょうか。
根岸さんは、パラジウム触媒によるクロスカップリング反応でノーベル化学賞を
受賞され、日本の遷移金属触媒の研究は世界をリードされていますので、
オールジャパン体制のプロジェクトを提唱し、昨年、12月に国内の研究者約120人が、
根岸さんが国内の拠点とする札幌市に集まったそうです。
人工光合成が実現すれば、物質製造での炭酸ガスの排出が減るどころか、
炭酸ガスを大気から吸収することになります。
さらに、この研究は、これからの日本を左右することになります。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg