HOME ▶ サマンサ日記


天明3年、浅間山の噴火の状況

新燃岳の噴火の被害状況を比較するために、改めて、
天明3年(1783年)の浅間山の噴火の資料を調べてみました。
浅間山が噴火した日、天明3年8月3日は晴天であった。午後4時から浅間山が
鳴り出し、午後6時には大雨のように砂が降りだした。夜中になっても砂が降り続いた。
この夜の雷は60回から70回ほど鳴り響いた。8月4日は、午前8時を過ぎても
夜が明けずに、砂が降り続いた。午前11時頃、空が明るくなった。
午後1時になると再び空が曇り初め、すべてが黒い煙で覆われ、夥しい数の
雷鳴と小石混じりの砂が降り続き、午後5時、ようやく本来の昼の明るさとなったが、
山は赤く映え大火のようであった。実際に降っていたのは小石ばかりであったが、
午後6時、浅間山の雷鳴が大地に響き、まるで大地震のようであった。
浅間山から14、5里程離れている高崎でも家が動き、戸や障子が揺れる音がして、
今にも崩れ落ちそうであった。8月5日の朝は、少し晴れていたが、
午前8時になると空が曇り、俄かに暗くなり始めた。降った砂の厚さは高崎で
1尺あまり、それより下方の倉賀野、新町、本庄、深谷、熊谷、桶川でも、
5、6寸から8、9寸ほどであった。さらに下方に行くにつれて、薄くなり
砂はなくなった。また高崎から板鼻、安中、松井田、坂本、碓氷峠、
信州に入り軽井沢でも砂の厚さは1尺5、6寸から4尺2寸ほどであった。
高崎から坂本までは、うわさによると潰れた家は100軒ばかりという。
武州、上州両国では17、8里すべての里々の作物が見えなくなり、大変な様子であった。
これは、高崎周辺から江戸表への報告書のようですが、新潟県魚沼郡でも、
1尺ほど積もったとか東北各地でも灰が降ったとの記録があるそうです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg