HOME ▶ サマンサ日記


ニホンウナギの完全養殖は、まだ時間がかかります

数年前に、ニホンウナギの稚魚がフィリピン沖で採取されたとのニュースがありました。
この時は、いよいよニホンウナギの完全養殖ができると思っていました。
同じ頃だったか分かりませんが、ウナギの養殖で禁止されている薬品が発見されたり、
輸入されたウナギを国産と偽って市場に出したりした事件がありましたが、
完全養殖のウナギが市場にでると、すべては解決すると思っていました。
ところが、それから数年たって、日本から約2000㎞離れた、マリアナ諸島沖で、
ニホンウナギの卵がようやく採取できたそうです。このニュースは、
東京大学と水産総合研究センターの研究チームから発表がありました。
人類が初めて目にした天然ウナギの卵とのことです。世界的に激減している
ウナギ資源の保全や養殖技術向上が期待されています。
水産総合研究センターではすでに、ウナギの完全養殖に成功しているそうですが、
稚魚の育つ割合が低く実用化ができていない状態とのことです。
今後、天然ウナギの産卵生態や餌の開発や稚魚の育つ環境が分かることで
完全養殖の実用化ができると期待されています。
ニホンウナギの完全養殖、首を長くしてお待ちしております。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、ウナギの養殖には関係ありませんが、アメリカ軍が第二次世界大戦末期に
B29から撒いた、マリアナ時報がウチの図書館にあります。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg