HOME ▶ サマンサ日記


枯れた樹木からは炭酸ガスが出ます

ブラジルにある世界最大の熱帯雨林、アマゾンは人間が排出する炭酸ガスを
吸収すると考えられていますが、2005年と2010年にアマゾンで起きた
大規模な干ばつの影響で、樹木が枯れて気候変動をもたらす可能性が
あることが明らかになったそうです。アマゾンなどの熱帯雨林は、
天然の炭酸ガス吸収源として働いていますが、枯れた樹木は大規模な
炭酸ガス排出源となっているそうです。確かに茸栽培舎で茸の菌糸を
木材などで培養すると大量の炭酸ガスが排出されます。
昨年、アマゾンで発生した干ばつにより、樹木が大量に枯れ、今後、
大量の炭酸ガスを排出しながら土に戻っていくと考えられ、地球にとって
深刻な問題のようです。研究チームの試算によると、昨年、2010年の干ばつで
発生する炭酸ガス量は50億tを上回る可能性があるとのことです。
これは、アメリカ合衆国で2009年に化石燃料を消費したときに排出された、
温室効果ガスの量が54億tで、これに匹敵するそうです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category