HOME ▶ サマンサ日記


トキの放鳥には、問題があります

環境省から4次放鳥に向けて、佐渡市の佐渡トキ保護センターの
順化ケージで訓練中のトキ18羽の内、2歳の雄1羽が池に落ちて溺れたため、
捕獲して別のケージに写したそうです。ドジョウの偏食によるビタミンの欠乏が
原因とみられるそうです。同様の症状が訓練中のトキで確認されたのは
4羽目とのことですが、自然界で生息していく場合には、同じものだけを
食べることはないそうですから、ビタミン欠乏の心配は無いそうです。また、
人工の餌を与えて飼育している場合には、ビタミン剤を入れることができるそうです。
トキを放鳥するためには、自然界にトキの餌となる小魚や昆虫などの小動物が
生息できる環境にする必要があるようです。今、ウチの周辺でも、フナやドジョウや
メダカがいなくなりました。果樹園や水田に用いている農薬や肥料などの影響が
あるそうです。ですが、肥料や農薬を使わないと販売できる農産物を栽培することが
難しいそうです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、佐渡トキ保護センターで、放鳥されたトキは長野県にも飛んできました。
このため、トキが生息できる環境は佐渡だけでなく、広範囲な整備が必要のようです。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg