HOME ▶ サマンサ日記


地球外生物は藍色の藻類のようです

SF映画では、いきなり、タコのようなものや体の形を変えることのできる、
粘菌のような生物が、宇宙人として登場してきますが、地球外生物は地球上の
空気を読んででてきたのでしょうか。アメリカ航空宇宙局、
マーシャル宇宙飛行センターのリチャード・フーバー博士は、地球外の微生物と
みられる化石を隕石の中に発見したと、専門誌、ジャーナル・オブ・
コスモロジー電子版に発表したそうです。ロイターによると、生命が地球外で生まれ、
彗星などによって運ばれてきた可能性を示すが、今後の論争は必至で、
同誌は多数の研究者らに検証を呼びかけています。
リチャード・フーバー博士は、アフリカなどで採取された隕石3個の断面を
電子顕微鏡などで調べ、原始的な生物の藍藻類に似た構造の痕跡を発見したとのことです。
痕跡には、生命を形成する基本元素の内、炭素は豊富だが窒素がほとんどなく、
同博士は太古の時期に抜けてしまった、と推測しているそうです。
地球外生物が藍色の藻類ではないかとの発表に、納得しているのですが、
タコに似たものや大きいゴキブリや粘菌でないのことに説得力を感じます。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg