HOME ▶ サマンサ日記


被災後、家族を再編成しました

天明3年(1783)8月5日、4ッ時(午前10時頃)、浅間山が大噴火しました。
浅間山は標高2568mで群馬、長野の両県境に東西15km、南北35kmにまたがっています。
天明3年の浅間山の噴火は、東北などを中心に広範囲に飢饉をもたらしました。
天明年間以外にも、縄文、古墳、平安時代にも、大噴火が記録されています。
平成になってからは、平成16年(2004年)9月にも噴火があり、
2時間後には、仙台市で灰が降ったと記録されています。
天明3年の噴火は、天明3年5月9日から始まっていて、
小、中規模の噴火を繰り返し、夥しい石や砂、軽石や火山灰が降り続いたそうです。
平成9年(1997年)、浅間山の火口から20km離れた、長野原町で泥流に埋まった畑が
発掘されました。畝に、作物の成長に合わせて、土寄せの跡が残っていて、その土には、降り注いだ軽石も含まれていたそうです。天明3年8月5日の浅間山の大噴火は、
周辺の生活を一変させ、長野原町や嬬恋村、鎌原村では、大噴火による
死者が約1500人に上ったと記録されています。また、天明3年8月5日の大噴火による、
泥流は120km/hの速度だったと推測されていています。鎌原村では、家屋と共に
477人が一瞬にして、地中に埋まり、高台の観音堂に続く、石段の15段より上に
駆け上った93人だけが生き残ったと記録されています。被災後、鎌原村に残された
人々は子供を亡くした人は、生き残った子供を引き取り、親を亡くした人は、
年寄りを引き取り、妻を亡くしたものには、夫を亡くしたものと一緒になり、
家族を再編成して、村の復興を図ったそうです。
さらに、近隣の村々からは、幅2m、深さ1mの水路の発注を請けて温泉を開いたそうです。
今で言う、公共事業のようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg