HOME ▶ サマンサ日記


政府と違い行動が速い

福島第1原子力発電所の事故後、降り注いだ放射性物質の対策として、
福島県郡山市は4月27日、小学校などの校庭の表土を除去する作業を始めたそうです。
原子力発電所の事故で教育機関の土壌改良を行うのは郡山市が初めてとのことで、
5月上旬までに、市内の小学校、中学校、保育所の計28ヶ所で実施するそうです。
早速、昨日4月28日のニュースでは、校庭の表土を剥いで、雨のため、
中心部に集め、ブルーシートがかけられている汚染土壌の映像が流れていました。
除去作業が行われた小学校では、工事業者が校庭の放射線量を測りながら、土埃が
舞い上がらないように水をまいた後、道路の表面を削って平らにする重機、
グレーダーなどを使って、広さ約9000㎡の校庭の表土を厚さ3cm程度除去したそうです。除去した表土は郡山市内の埋め立て処分場に運ばれるそうです。
処分場に運ばれる汚染土壌は、その後、どのように処理されるのかは未定のようです。
また、今後、表土を剥ぎ取った、小学校、中学校、保育所計28ヶ所には、放射性物質が
降り注ぐことは無いのでしょうか、また、仮に小学校、中学校、保育所が
安全になったとしても、それ以外の場所に行くことはないのでしょうか。
自宅の庭も公園も道路も同時に汚染され、今も放射能物質は降り注いでいると思うのです。
政府と違い行動が速いことは認めますが、全てが中途半端に感じるのは私だけでしょうか。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg