HOME ▶ サマンサ日記


本当は、低いより、無い方が良いのです

文部科学省は4月21日、福島第1原子力発電所から20㎞圏内の大気中の
放射線量を初めて公開しました。原子力発電所の西南西約3㎞の位置にある
大熊町で最大、毎時110マイクロシーベルトを観測し、原子力発電所の
周囲約5㎞圏内の他、浪江町など北西方向の放射線量が高くなっているそうです。
毎時110マイクロシーベルトの地点では、常に屋外にいると、約9時間で
一般の人が、1年間に受けても良いとされる、放射線量の限度である、
1ミリシーベルトに達するそうです。原子力安全委員会では、
一時帰宅の際にも被爆を1ミリシーベルト以下に抑えるべきだと指摘していて、
自宅滞在時間と移動時間の合計を5時間程度とし、被爆時間を少なくする
方法を考えているそうです。また、校庭利用制限に関する放射線量の基準について、
年間20ミリシーベルトが適切と判断しているようですが、年間20ミリシーベルトが
良いと言っているのではなく、それ以下が良いと言っていて、本当は、
無い方が良いことは分かっているのです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg