HOME ▶ サマンサ日記


中国から黄砂が飛来しています

中国大陸から日本上空に飛来して来る黄砂は、年間約500万tとのことです。500万tの
黄砂の半分が国内に降下しているそうです。黄砂は、駐車している車の屋根にも
降下します。積もる、と言うと過大表現になりますが、家の中もザラザラしています。
特に、ご招待したわけではありませんので、中国から偏西風に乗って来る密航者、
厄介者と言った方が正しい表現のようです。黄砂は中国内陸部のゴビ砂漠を中心に
発生し、日本や韓国に運ばれて来るそうですが、黄砂の発生や飛来を予測する研究が
日本、中国、韓国の協力で進められているそうです。今までは、80㎢~100㎢
四方でしか分からなかった発生源の状況が、今は観測体制が整備されて、現在では
約40㎢単位でより精密に把握できるそうです。これによると、ゴビ砂漠での
黄砂発生量は年間約1億トンに上り、日本への飛来量は年間200万t~700万tで、
この内、年間平均180万t程度が降下しているそうです。これは、1㎢当たり年間
1t~5tになるそうで、年間を通じて飛来しているそうで、ピークは2~4月との
ことですが、今年は5月になっても飛来してきます。困ったことに、
中国の発生場所が少しずつ東側に移動し、日本に近づいているようです。
日本では、85ヶ所の気象観測所で観測していて、飛来日数は、1988年以降、
年間300日を超すようになり、飛来回数も量も増加傾向にあるそうです。
黄砂は、黄砂とともに、カビなど菌類も飛来しているそうです。これが、
原子力発電所の事故などで、放射性物質が飛来することも考えられ、
原子力発電所の事故は簡単に世界を巻き込んでしまうことも考えられます。
黄砂を運送屋さんにお願いして日本全国に1㎢当たり年間1t~5t運んで頂くと
いくらかかるかなどと、バカな計算をしてみました。
第二次世界大戦の時には、偏西風を使って、風船爆弾をアメリカに送って火災を
起こしたことがあるそうです。黄砂の平和的利用方法がありましたら、お教え下さい。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg