HOME ▶ サマンサ日記


簡単に達成できない理由

首相は1000万戸の屋根に太陽光発電用のパネルを設置することを目指す、と
国際舞台で表明しました。現在、一般家庭で太陽光発電装置が設置されている家は
54万戸程度とのことですから、1000万戸の数値は、実現可能な数字か、あるいは、
政治的パフォーマンスなのかが話題になっています。
首相は2011年5月26日、パリで開催された経済協力開発機構設立50周年記念行事で
講演し、福島第1原子力発電所の事故を受けて、今後の日本のエネルギー政策を
発表しました。それによると、設置可能な約1000万戸の家の屋根に、すべて、
太陽光発電パネルを設置することを目指していくと宣言しました。
太陽光発電を理解していない人は、簡単に設置すると言えるのですが、
多少、勉強すると、かなり難しいことが分かります。
屋根には、太陽光発電に適している屋根とそうでない屋根があります。
太陽光発電パネルの重量、数百㎏を設置しても、大丈夫な屋根かどうか、
また、屋根の方角と角度が太陽光発電に適しているかどうかと、当然ですが、
太陽光発電パネルと太陽光は直角に当たる角度や方角が電力を多く得られます。
このため、太陽光発電パネルを常に太陽の方向に向ける必要がありますが、常時、
太陽を追いかける装置は技術的には可能ですが、費用が嵩み実現は不可能です。
つまり、現在使われている太陽光発電装置は常に100%の能力で発電することはありません。
ただ、太陽光発電装置のメーカーのカタログには、当然ですが最大の能力で発電できる
電力を表示しています。太陽光発電装置を増やすには、太陽光発電装置を設置したら、
設置した発電装置で投資金額が発電できるかどうかが問われることになります。
これを、達成するため、首相は太陽光発電装置の価格を6分の1程度まで下げる
提案をしています。現在の太陽光発電装置で発電された電力価格は
原子力発電の10倍の価格なのです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、夜間利用するには、蓄電装置が必要になります。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg