HOME ▶ サマンサ日記


棚田は何を訴えているのか

国連食糧農業機関が生物多様性や景観の保全につながる伝統農業を
資産認定する、農業版世界遺産に、能登半島と新潟県の佐渡島が、
国内で初めて認定される見通しになったそうです。
国連食糧農業機関がマスコミの取材に応じ、両地域は要件を
満たしているとの結論に達した、ことを明らかにしたそうです。
世界重要農業遺産認定制度は2002年から始まり、いままでに、天国への階段と
呼ばれ、世界遺産にも登録されている、フィリピン・ルソン島北部の
棚田や、中国雲南省のハニ族の棚田、ペルー・アンデスに伝わる
ジャガイモ灌漑農法など、8地域が認定を受けているそうです。
能登半島では、七尾や輪島などの8市町が、金沢大学や国連大学などの
協力を得ながら、この地域の千枚田や炭焼き、塩田、海女漁といった
伝統的生産活動によって、里山や里海の自然を保ってきた意義を訴えてきたそうです。
一方、佐渡島では、放鳥したトキの餌場作りを念頭に置いた減農薬栽培の取り組みを
アピールしてきたそうです。6月9日から北京で始まる、世界重要農業遺産認定制度、
国際フォーラムで今後の活動計画を発表し、最終審査に臨む予定とのことです。
世界重要農業遺産に認定されている棚田は、長いこと人々によって使われ、
食料を数百年、あるいはもっと以前から、供給してきた水田です。
水はエネルギーを使わない自然水利を用いた稲作を続けています。
棚田は、稲作の歴史を伝える、生きている博物館のようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg